脱毛テープの仕組み

| 未分類 |

脱毛処理の方法の中でも脱毛テープを使った処理は、痛みが伴うことと、肌への負担が大きいため実際のところあまりおすすめはできません。脱毛する仕組みはいたって簡単で、ムダ毛が目立つところに専用テープをしっかり貼って、毛となるべく密着するようにしっかりと貼ります。商品によっては、テープではなくクリーム状の脱毛剤を塗るタイプもあります。しっかり貼れたことが確認できたら、毛の流れによって一気にはがしていきます。ここでのポイントとしては毛の流れとは逆にはがさないことです。毛の流れをしっかり確認しておくことも大切になります。

犬14

 

この方法で、大体のムダ毛は脱毛することができるのですが、テープを使用して一気に剥がしていくため、数本の毛が残ってしまうことがあります。そのため、あとで、毛抜きやかみそりなどを使って仕上げる必要があるため弐度手間になりがちな方法ともいえます。また、テープを一気にはがすため、肌が赤くなったり、処理後の肌に黒いプツプツが残ってしまい、きれいに仕上がらないというデメリットもあります。テープを使うと簡単に脱毛処理はできるのですが、使い方としては毛があまりない部分に使用したほうが仕上がりもきれいですし、痛みもあまりないのでおすすめです。